カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

タイトル文字ハイエースシフトケーブル断線

次回の店長日記は気分転換【趣味と実益】ハイエース、オートマチックトランスミッションシフトケーブル断線!発進できない困った!

2022年10月18日

代引き  カード払い   こちらクレジット3社がWEB上でご利用頂けます。

◆お支払い方法は、代金引換(ヤマト運輸)又は銀行振込、クレジットカードでお願い致します◆

◆商品の発送は、営業日に限らせていただきます。他業務多忙に付、ご理解ご了承下さい◆

◆JCB / AMEXカード、Dinersカードでのお支払いが可能です。(商品合計¥3,000-以上からご利用いただけます。)◆

気分転換【趣味と実益】ハイエースクーラーコンプレッサープーリー脱落

一般道路を走行中に急にハンドル操作が重くなり、メーターパネルのバッテリーチャージランプが点灯したため、緊急停止。やむなくキャリアカーで車庫に戻してエンジンルームを点検すると大変なことになっていました。
TRH200 TR-FEエンジンです。
画像下側、少し見えずらいのですが、エアコン,コンプレッサーのプーリーが付いておりません。ベルトは裂けてバラバラになってウオーターポンプのプーリー裏側に絡みついて外すのに大変でした。経年劣化(過走行)による典型的な壊れ方です。故障した場所が高速道路でなくて良かったです。
ハイエースクーラーコンプレッサー脱落
今回はクーラーコンプレッサー(リビルト品)、ラジエーターホース(含むバンド)、オートテンショナー、アイドルプーリー、コンプレッサーのブラケット(含むプーリー)、サーモスタット、ファンベルトを交換していくことにしました。
ハイエースクーラーコンプレッサー脱落
新しいオートテンショナーとプーリー取付完了です。このテンショナーもオルタネーターと組み合わせ装着さてれおりますので、一度点検を兼ねてエンジンから外します。オルタネーターとウオーターポンプは交換した形跡がありました。
クーラーコンプレッサー脱落
外したオートテンショナーはかなりくたびれておりました。アイドルプーリーとセットで交換しました。
エアコンコンプレッサー脱落
サーモスタットもご覧の通り密閉するラバーが外れている状態で機能してないですね。パッキンとセットで交換しました。走行キロ数も25万kmを超えてきますと、この1トンバンクラスの車両では各部位が使用の限界を迎えてきます。特にハイエースの場合気を付けなければならない部品がエアコンコンプレッサーの取付ブラケット、突然プーリーを支えている根本辺りから破損します(アルミ合金)。また運転席の丁度真下あたりにある冷却水ホース(ラジエーターホース)が突然破裂しオーバーヒートを起こすという非常に危険な状況に陥ります。このホースはエキゾーストマニホールドの直ぐ上に装着されているため常に高温にさらされ、寿命が他のラジエーターホースと比べると短いです。サブタンク方向からのインテークホースですが、ヒートインシュレーターなどで補強しておくと良いでしょう。
クーラーコンプレッサー脱落
今回も予算の関係上、リビルト品のクーラーコンプレッサーを装着していきます。新しいサーモスタットも取付完了しました。古いコンプレッサーは再生しますので販売元に返します。
クーラーコンプレッサー脱落
クーラーコンプレッサー脱落
パワーステアリングのベーンポンプを元通りに装着して、クーラーガスを充填します。ハイエースのフロントエアコンのみですのでフロン134aを2.5本で大丈夫です。
コンプレッサー脱落
エンジンは快調に始動しています。パワステのオイル量もチェックしておきましょう。
top画像
そして今回交換要したパーツ類です。そろそろ車入れ替えましょう。と言いたいところですね。ちなみに、クーラーコンプレッサーのブラケットが破損した状態が下記の画像です。高速走行中にこの部分が破損しますとエンジン内部に部品が飛び散り大惨事になりますのでご注意ください。
クーラーコンプレッサーブラケット破損
クーラーコンプレッサーブラケット破損
クーラーコンプレッサーブラケット破損
ありがとうございました。


ページトップへ